女性

血管が詰まることによって

心臓の不整脈で

看護師

脳梗塞は脳内の欠陥に血栓が詰まってしまい脳細胞に酸素が届かないで、脳細胞が死んでしまう状態を指します。脳細胞の壊死の範囲が大きくなればなるほど命の危険はまし、呼吸中枢をつかさどっている細部が壊死した場合は即刻死に至ることもあります。 脳梗塞の前兆はあるにはありますが、それは軽微なものでありまた一過性のため忘れられることが多く発症してからあーあれが前兆だったのかと気付くことも多くあります。また脳梗塞の原因になる血栓は不整脈で発生することが多く不整脈を持っている人は脳梗塞になるリスクが大きくなってきます。脳梗塞の前兆をよく知ってその症状が出たら医師の早めの診断を受けることが大切に重要になってきます。

前兆現象

脳梗塞の前兆は様々なものが症状として表れてきます。片方の手足にしびれたり、急にろれつが回らなくなる、視界が急に狭くなるなどいろいろあります。ご飯を食べている手に力が入らず突然お箸を落としてしまう視界が狭まって車の運転ができなくなる、顔の筋肉が緩んで言葉に力が入らない、いずれも脳梗塞の前兆現象になります。厄介なのはこの現象が長時間続けばいいのですがこの現象が数分あるいは数十分で消えてなくなってしまう点に早期の発見の難しさがあります。 脳内の細胞が脳梗塞で壊死したときには生活が著しく困難になることが多く、寝たきりになって社会に復帰できない人も多く発生します。これらの前兆現象が見受けられたときには早急に医師の診断を受けてください。

高血圧の人に有益な情報

看護師

脳梗塞の治療には、原因となる血栓を溶かすt-PA静注療法が有効です。発症後、医療機関を受診しなければ有効性はありませんので、今のうちから治療を行っている医療機関を認識し、直ちに受診する心構えを持っておく必要があります。

詳細を確認する...

血管がもろくなる

看護師

脳梗塞は脳の血管に血栓という血液の塊が詰まってしまう病気です。そのため脳細胞が壊死を起こし体にはマヒが残ってしまいます。最悪な時には死んでしまう病気です。早期の患者の発見と早期の治療が大事になる病気です。

詳細を確認する...

特徴と新しい治療法

医者

脳梗塞を予防するには血液をサラサラにするのが一番ですが、魚には血液をサラサラにしてくれる成分が含まれており、予防には最適の食べ物です。最近では早期に治療すれば脳の機能を回復させられる治療法が確立しています。

詳細を確認する...